So-net無料ブログ作成

ルナリズムでココロもカラダもPMS(月経前症候群)から解放されよう!! [9種のハーブ]

美容研究家 國分晴奈さんが同じ悩みを持つ女性の一人として「PMS(月経前症候群)の苦
しみから一人でも多くの女性を救いたい」という一心で開発したのが「ルナリズム」です。

ルナリズムは、西洋ハーブを中心とした女性ホルモンのバランスを整えたり、イライラ、モヤ
モヤを抑える9種のハーブを配合しました。

ハーブ.jpg

・チェストベリー
  
  古くからPMS(月経前症候群)や生理不順に悩む女性に親しまれてきた伝統的ハーブ。



・月見草

  「王様の万能薬」として珍重された貴重なハーブ。
  女性特有の生理痛、イライラ、モヤモヤを緩和すする効果があります。



・ブラックホコシュ
  
  不安を取り除く効果が報告されているハーブです。
  日本では、痛みを伴う月経や陣痛の緩和などにも用いられているようです。



・ワイルドヤム

  最近では、バストアップ効果や脂肪燃焼効果も報告されているようです。
  ホルモンバランスを司る成分として配合されています。



・レッドクローバー

  西洋では、「神様の力」をもつハーブとして珍重されているようです。
  女性ホルモンのバランスを整え、精神安定効果もあるハーブです。



・ピクノジェノール

  冷え性や肩こりなどに有効なようです。
  ビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍の効力を持つと言われている凄いハーブです。



・パッションフラワー

  イライラ、モヤモヤを和らげ、ストレスを緩和する効果があります。
  不眠症治療などに古くから使用されているハーブです。



・イチョウ葉

  肩こり・冷え性・腰痛などを改善してくれる効果があります。
  また、血液サラサラ効果により、血液の循環を促進して体を温める効果があります。



・亜麻仁

  断食と亜麻仁油で癌を治す自然療法があるくらい体調を整える効果があります。
  元気で健康的なカラダ作りに貢献してくれます。



このほかに体調面で、肌荒れやニキビなどの肌トラブルや気分の浮き沈みに悩む女性のために
ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンを豊富にプラスしました。
女性の元気と綺麗に働きかけます。

ビタミン.jpg

PMS(月経前症候群)は、女性ホルモンの影響でココロとカラダのバランスを崩すだけでな
く、美容にも大きな影響を与えます。

カラダが楽になっただけではココロは不安定のまま、逆にココロが楽になっても肌荒れすれば
ココロに影響します。


だから、女性のための9種類のハーブと女性に不可欠な栄養素をバランス良く配合した「ルナ
リズム」を開発しました。







ルナリズム



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。